198: 金無しさん 2014/05/10(土) 17:47:02.53 ID:q3NiW5dJ0

こないだ三島由紀夫の熱い話聞いたから三島の小説読本読んでるんやけど
「何もかもむやみと悲しくて、センチメンタルにしか物事を見られないのは小説家としても脆弱である」
って書いてあるんや
2ページ目でいきなりブーメラン投げてびっくりやで


3
205: 金無しさん 2014/05/10(土) 17:52:32.00 ID:/fH+RIEc0

>>198
わかってて書いてるのか、わかってなくて書いてるのかで大きな違いがあるなw


222: 金無しさん 2014/05/10(土) 18:01:59.11 ID:QPNCSQez0

>>205
以後読み進めたら自分のことも含めてるようにも感じたわ
とにかく三島の洞察力半端ないねん
この時代にわいらのことが書いてあったで…


225: 金無しさん 2014/05/10(土) 18:03:02.53 ID:YGUSh5W50

三島由紀夫って何読めばいいの?



227: 金無しさん 2014/05/10(土) 18:04:03.49 ID:rO1tIGsz0

不道徳教育講座




238: 金無しさん 2014/05/10(土) 18:15:24.94 ID:YGUSh5W50

>>227
金閣寺やろ?
kindle版が無かったからとりあえず両方とも干し芋のリストに入れといたわ。ありがとさん


250: 金無しさん 2014/05/10(土) 18:28:01.82 ID:KH8e9Ql50

ノーベル文学賞て廃止した方がいいと思います
文学なんかなんの本質の提示にもなってないから


256: 金無しさん 2014/05/10(土) 18:32:17.08 ID:7rSkJwkK0

文学は本質の提示なんか目的ではないし、むしろ全く逆
作者のテーマを虚構の世界でデフォルメすることで万人に伝える
そして、その作品はテクストとして読み手に引き渡すけれども
そこにある世界観は読み手なりの解釈で自由に解釈され物語が広がっていく
本質の提示が目的なら学術書でも読んでるといい


260: 金無しさん 2014/05/10(土) 18:33:46.70 ID:KH8e9Ql50

>>256
文学なんかただの妄想作文だお



金閣寺 (新潮文庫)
三島 由紀夫
新潮社
2003-05